〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-5-2 文化エステートビル2F(新越谷駅西口から徒歩1分)

無料体験申込み受付中!
受付時間:10:00~18:00
定休日:月・木曜日
     第5週の曜日

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

048-971-7575

お役立ち情報

職場の外国人の指導はどうしたらいいの?

◆人手不足の業界で増加し続ける外国人従業員とのコミュニケーション方法は?

外国人といっても様々な国の方が様々な事情で来日し、日本で働いていますので、コミュニケーションも容易ではありません。日本語を自国で学習して来日している方も多いでしょうから、日本語が通じる場合には丁寧にゆっくり話してみましょう。

しかし、多くの場合には日本語がすんなりと通じることは少ないようです。その際には、国際的に共通語と言われている英語がの通じる可能性が一番高いといえます。英語圏のアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などはもちろん、フィリピン人、インド人の多くは英語を話せます。

まず、職場で必要なこと、理解し、注意しなければ危ないようなこと(特に工場や危険な仕事をともなう職場、または接客業)などをまとめて、英語の単語リストを作成しましょう。次に、具体的な指示になるようにリストアップした英単語を使って、文を作りましょう。「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)」といったごく簡単な文で大丈夫です。

それを英語が少しでのわかる従業員に伝えて、理解してもらえれば、第一歩はクリアです。その従業員が同じ国出身の英語ができない同僚にも説明してくれるはずです。

 

--- veritas --- veritas--- veritas--- veritas--- veritas---

従来は、海外出張をするビジネスマンや、外資系企業の社員に英語が必要といわれ、その通りだったかと思います。現在は、国内にいてもインバウンド需要といわれる観光客のみならず、自分の職場にもどんどんと日本語を話せない従業員が増えてきています。

ヴリータスには、外国人向けの日本語指導を行う講師もいますので外国人が日本で働くことを理解しています。しかし、まずは、日本人が日本で外国人と働くために汎用性のある言葉「英語」を学習しましょう。ご自分で英文が作れない、発音がよくわからないなど、お悩みがありましたら、プライベート・レッスンで必要な英語を学べるヴェリータスまでご相談ください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-971-7575
受付時間
10:00~18:00
定休日
月・木曜日、第5週の曜日