〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-5-2 文化エステートビル2F(新越谷駅西口から徒歩1分)

無料体験授業受付中!
24時間メール受付

お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ

048-971-7575

代表のブログ

オンライン学習は効果的か?(社会人編)

2021.5.28

大手英会話スクールが海外(フィリピンなど)にいる講師と直接会話練習のできるオンラインレッスンを長きにわたり提供してきており、あまり目新しいものではありませんね。英会話を学ぶ目的は人それぞれです。海外旅行で少しでも話せるようになりたい、仕事で必要、転職や就職に有利だからなど。

コロナ禍の中、多くの英会話スクールで大きく減った受講者層は、海外旅行目的の方々のようです。まあ、渡航できない上に、先も見えにくいのですから、当たり前ですね。特に、意欲的だった元気な高齢者の方は、さらに感染も怖いですから自粛気味にもなっていますね。ワクチン接種が遅ればせながらも、少しずつ進み安心して高齢者のみなさんが外出できるようになる日が早く来るとよいですが、海外旅行はしばらく様子見ですね。

反面、英会話スクールに通っていた社会人の方々は、もともと仕事上の必要性が高かったこともありますが、オンライン化が一気に進み、従来なら海外出張で対応していたビジネスが、なんとオンライン会議で代替されることも増えてきているようです。海外出張なら、物理的に渡航が可能な人、それもさほど大人数ではないので「自分」の順が回ってくるはずもなかった出張予備軍の社員にも、オンライン会議の招集がかかっています。何か発言しないとマズいですよね…。でも、Hello, how are you?--I'm fine, thank you で済むわけもなく、日ごろから、ビジネス力、英語力、そしてオンライン上での対応力を鍛えておきたいですね。

私も長年外資系企業に勤務し、以前はテレコン(電話会議)で世界中のお客様や同僚と打合せをしたものですが、顔が見えたらどんなにやりやすかったかとしみじみ思います。先日、ひょんなことからSNSで以前勤務していた会社の同僚たち(同じチームで働いていた)とつながり、zoomでつないで同窓会のようなものを行いました。日本、香港、シンガポール、インド(今は感染状況が心配)、ドイツ、スイス、イギリス、ニューヨークの仲間30名くらいと、全員が参加可能な時間帯(日本時間22:00~)に近況報告や想い出話をたくさんしました。本当にオンラインの発展に感謝、感謝です。まさか、こんな日が来るなんて、リーマンショックやムンバイでのテロ事件なども含め苦しい時、一緒に乗り切った仲間との再会には、涙が出そうでした。そして、世界的パンデミックの中でも、みな無事に暮らしていること、新たなチャレンジをしていることを知って、世界は動いているな~と実感しました。

オンライン化により、ヴェリータスでも昨年夏より学生向けの「オンライン留学」、昨年末より社会人向けの「朝活オンライン・レッスン」を、アメリカ・カリフォルニアとつないで毎月実施しています。アメリカで今何が起こっているか、例えばワクチン接種状況はどうかなどもリアルタイムで現地の人たちから聞くことができます。外資系に勤務していなくても、英会話スクールで世界の動きを肌で感じることができるなんて、すてきだと私は思っています。英会話レッスンという小さな枠ではなく「外を知る」「外を見る」そんな可能性もオンライン英会話なら可能です。

オンライン学習は効果的か?(学生編)

2021.5.26

今年の第2回目の英検試験日程が近づいています。英検対策って、誰かに教えてもらわないとできないと思っている方も多いようですが、従来型の試験は年に3回、最近ではコンピューター活用試験で、さらに受験頻度が高くなり、問題集も解説本も膨大な数が売り出されているので、英検対策用に塾に通う必要はあまり感じません。

ただ、作文や二次面接対策は、ちょっとやっかいですよね。昨年、英検1級受験の対策をしたいと通ってくれた高校生(国立大医学部に自力で推薦合格した後に!)でも、ネックは作文です。解答がないため、自分で点数が取れているかどうか判断できないからですよね。だって、優秀な英語講師でも英検は1級までしか取得できないんですから、1級レベルの生徒に語彙や文法面で教えることってないですものね(笑)。

それで、この1年間オンライン授業を実施してきて本当にすばらしいと思っているオンライン授業の便利な点の一つは、英作文の練習!作文を授業で指導する時には、宿題にして事前にメールなどで講師に送付してもらって授業をしますが、時々「時間がなくて書けなかった」「あーすっかり忘れていた」なんて生徒がいます。ここからが、オンライン授業の素晴らしいところ…授業中には作文は書かせません(画面越しに生徒が書く姿をじーっと見ていて授業料をいただくことはできませんから!もちろん、講師も退屈です)。授業後にそのまま机から離れず、作文を提出してもらいます。英検の作文って、例えば準2級や2級なら、せいぜい20分程度で問題を読み→作文を書き→見直しを行うことが必要なので、さすがに20分程度の時間がないという生徒はいません。ヴェリータスでは、やや時間を短縮して書く訓練もしていますので、さらに机に拘束される時間は短いですよね。これは、いいです!誰も逃げられないので、高校性男子もちゃんと提出してきます!同時にメール活用もバッチリ!

塾に通っていたらこうはいかないです。授業後に荷物を片付けて自転車や電車に乗って帰宅して「あーつかれた」と夕食やお風呂などなどと時間が分断されてしまうので。大人も同じですよね、会社から帰宅してすぐに、会社の仕事の続き作業にかかることなんて嫌ですよね~。時間の分断を生まないオンライン授業は真剣に勉強する必要がある中高生に最高です!

こんな現象が起きています!
特に、成績向上中の生徒や高偏差値校でがんばっている生徒にオンライン学習は好まれています。ヴェリータスでは、月に数回対面授業を行っていますが、多くの生徒は時間の効率性を肌で感じてか「対面授業に行かなくてもいいですか~」「オンライン授業だったらコマ数増やしたい~」などの意見も。マンツーマン指導のヴェリータスでは、学校と違って友達と遊べる訳でも、楽しい行事がある訳でもないですから、集中した60分(通常の高校性の1コマ時間)後にクールダウンとして、問題を解いたり復習して確認したりするプロセスに充実感を感じているのかもしれません。

1対1の完全個別指導型(マンツーマン)なら、オンライン授業は効果的です!
集団授業の場合はオンライン授業では発言しない生徒がいたり、他の生徒が気になってしまって集中できなかったりと効果が半減することもあるかもしれません。ただし、マンツーマンなら、遮る空間もなく気になる周りの音もなく、講師は生徒の目の動きや表情まで細かく確認することができます。視線は画面のみで、板書で気が散ることもなく、さらに授業中の板書内容は記録して授業後にメール添付で送付までできます!!!

オンラインが便利な点は、コロナ感染症はもちろんオンライン化の大きなきっかけですが、最近の天候不順、大雨や大雪の中の塾通いも不要です。オンラインには抵抗があるという親御さんもいますが、スマホで問題なく授業を受けている生徒もいますし、何よりもネットやテクノロジーは子どもが大好きなものですから、DSゲームができるなら、Wii Uができるなら、YouTubeが観られるなら、問題はありません。

そして、日本の中高生は、あまりに忙しい。個人的にはあまりいいとは思いませんが、学校行って、部活やって、塾に通って、週末になると模試受けて、さらにロボット教室やピアノ教室、テニスやサッカーのクラブチーム所属などなど、予定もデジタル管理が必要なほどですよね。であれば…、せめて英語学習はオンラインで効率的に、授業の始まる1分前までおやつ食べていられます、授業終了1分後にベッドに横になれます。作文の宿題さえ忘れていなければね(笑)。

私たち講師も時間に縛られず、生徒の必要なタイミングで負担なくサポートできます。もちろん、夜中の2時のLINEには翌朝返信したこともありますが。

中高生の本当の自主学習とは?

2021.5.25

中高生の中間試験の時期です。みなさんとってもがんばっていますが、試験科目の多い私立の中高一貫校では試験日数も長く、体力と気力も維持しなければなりません。普段から自分自身で勉強をできる力、そうですね…勉強する「習慣」が必要ですね。

「自学(自主学習)」が大事なことは誰にでも分かりますが、そもそも自学って具体的に何を示すのでしょう。小学校であれば学校から帰って自分で宿題を済ませる...「自学」ですね、きっと。でも、私立の中学生ましてや高校性が、帰宅後宿題を済ませて「自学」をしているとはいわないですよね。

ヴェリータスの生徒には自分で勉強できる力を身につけられるよう、授業中にひとりで問題を解くだけの演習は極力していません。「問題を解く」行為が自学の入り口でです。その後、解らないところを自分で調べて(積極的な辞書の活用指導をしています!)なぜ間違えたか考えてみる。そして、次は自分で確信を持って解けるようにすることが自学のプロセスだと考えています。その課程でどうしても自分では解らないところを授業中に講師に質問する。この方法であれば1週間に1回のヴェリータスの授業でも十分成績向上が見込まれます。

こんな現象が起きています!
今まさに定期試験期間中!明日の試験科目の解らないころをどうしても聞きたい!次の塾の授業までは待てない!だから…塾の予約日ではないけれど、講師に思い切ってLINEで質問!この勇気は、自学の基本です。自分からどうしても解りたい、どうしても試験には間に合わせたいという気持ちが大事です。ヴェリータスでは臨機応変に対応します。LINEで返信したり、必要なら電話で対応します。「1点でも高い点数を取りたい」気持ちのある生徒は、点数を上げる可能性が高いので、私たちはLINEでの質問、大歓迎です。すでに本当の自学が身についていますね!

たとえば、塾に来させて留め置いて自習をさせるとか、誰かに見張ってもらって勉強をさせるとか、それは「自学」ではないでしょう。自ら勉強できるように、願わくば、したくなるように指導することこそが、学習塾の役割だと思っています。(難しいですが…)

でも、自主学習は誰にでもできます!
毎日淡々と勉強することを習慣化・ルーティン化することです。試験前だけ徹夜で勉強するなんて古めかしいことは、さすがにしていないでしょうが、もししている方がいたら徹夜は生活リズムが崩れるのでお勧めしません。今まで、成績が上がってきた生徒を見てきて、一番「楽」な方法は習慣として勉強することに思えます。勉強を日常に!

サザエさんでもいつもカツオ君が「勉強しない!」と叱られていましたが、今でも多くのご家庭で親御さんが「勉強しない」と口を酸っぱくしているのではないでしょうか?最近は「Youtubeばかり見ていないで!」「ネットゲームばかりしていないで!」との追加セリフもあるかもしれませんが(笑)。親に言われて渋々とする勉強も、もちろん自学ではありません。

自学ができるようになるには個人差があります。3ヶ月程度で自学手法をバッチリと身につけてしまう中3生もいれば、高1になってもなかなか習慣化しない生徒や、中2から3年程度かかって高2で自学をものにしてクラスで1番の成績を取ることのできた生徒など、様々です。

もし、お母様やお父様がこのブログを読んでくださっていれば、自分のお子さんの性格やタイプ、習慣を客観的に見て、早めに始めた方がよいか、飲み込みが早いタイプなので焦らなくても本人が後半になって力を出してくれそうかなどを考えてみてください。

ヴェリータスは英語指導に特化しています。英語で自学が実現できれば、他科目でも大丈夫だと思います。自主学習習慣を身につけて、この大変な中学・高校生活を余裕を持って乗り切っていって欲しいです。他にも学ばなければならない生きるすべもきっとたくさんあるでしょうから。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

048-971-7575
受付時間
電話受付 10:00~18:00
24時間メール受付中